ゴルフ場ランキング

全国・都道府県別のゴルフ場を紹介!人気・おすすめゴルフ場 ランキング

ゴルフルール

【こんな時どうする?】カート道にボールが止まってしまった時の対処方法!–知っておきたいゴルフルール

投稿日:

ゴルフ場で実際にプレーしていると、思わぬ事態に遭遇することがあります。

ゴルフは自然の中で楽しむスポーツでもあるため、地形・生物・自然現象など、さまざまな場面に対してルールが設けられています。

本記事では、「カート道にボールが止まってしまったらどうするか?」について、解説します。

カート道の扱い

カート道は、まず、人工的にアスファルトなどで舗装されているものと、そうでないもので、扱いが異なります。

人工的にアスファルトなどで舗装されているカート道

こちらの場合、動かすことができない障害物となりますので、「異常なコース状態」として扱われます。

プレー上は救済の対象となり、ペナルティー無しで付近にボールをドロップすることができます。

ただし、ドロップの場所については、自由に選べるわけではなく、幾つかの制限があります。この点は後ほど取り上げます。

舗装されていないカート道

こちらの場合は、どういったケースが該当するかというと、例えば、頻繁に往来があることで芝が薄くなっているようなところです。この場合は、救済の対象になりません。

救済の対象

この記事では、カート道にボールが止まった場合を取り上げています。

関連するケースとして、ストロークする際のスタンスがカート道に掛かってしまう場合も、救済の対象となります。

救済を受けるかどうかは選べる

カート道にボールが止まった場合、基本的には救済した方がプレーしやすいということになりますが、前方の障害物の位置、傾斜の度合いなどのコンディションを考慮すると、そのままプレーした方が良いという場合も有り得ます。

その場合、救済を受けずに、そのままプレーすることも許されています。この場合も罰はありません。

カート道からの救済方法(ドロップの仕方)

先程、説明した通り、カート道でボールが止まってしまった場合は、ペナルティー無しで救済されます。

ボールを周辺にドロップすることができますが、ドロップする方法が定められています。

カート道からの救済方法

ドロップ方法はルール改正により変更されています。

やり方を間違えると、折角、無罰だったはずのものが、1打か2打のペナルティーとなってしまいます。

特に、二アレストポイントの決め方、ボールを落とす高さ、落とした後に転がってしまった場合の対処については、確認しておきましょう。

注意したい二アレストポイントの選び方

ニアレストポイントは、スタンス位置を考慮して決めますが、その結果、カート道の左右のどちらが近い方かが変わってくることがあります。

単にボールの位置がどちらよりかだけでは決まりません。

上の動画(1:30頃から)で詳しく解説されていますので、確認してみてください。

まとめ

カート道でボールが止まってしまった場合の対象方法について取り上げました。

ゴルフは複数人で一緒にラウンドする競技ですから、基本的、ルールを守ってプレーすることが重要です。

なお、公式な競技ではなく、家族同士、気の合った仲間同士の場合、プライベートなルールとして簡易な方法を取り入れるケースもあると思います。その場合は、予め認識を合わせておくことが重要です。

あわせて読みたい

    関連記事はありません。

-ゴルフルール
-, ,

執筆者:

関連記事

ティーマーカーは動かしてOK?NG?–知っておきたいゴルフルール

ゴルフ場で実際にプレーしていると、思わぬ事態に遭遇することがあります。 ゴルフは自然の中で楽しむスポーツでもあるため、地形・生物・自然現象など、さまざまな場面に対してルールが設けられています。 本記事 …